新型コロナウイルス感染症(COVID-19)の感染拡大

Colt DCSの新型コロナウィルス感染症(COVID-19)取り組みについて

日本、東京, 06 Apr 2020

**現在、特に新たに必要なアクションは発生しておりません**

新型コロナウイルス感染症(COVID-19)の感染拡大に関するニュースが連日報道されております。当社は状況を注視しており、当社のサービスが今まで通り提供できるよう必要なすべての予防措置を講じております。当社の事業継続管理(BCM)および安全衛生管理部門は、十分に確立された計画を策定しており、ネットワークやデータセンター運用への影響は現在発生しておりません。

  1. Coltでは、事業継続管理(BCM)と安全衛生管理部門が24時間体制で、状況の変化を監視・対応をしています。
  2. Coltは、ISO 22301:2019規格に準拠しており、重要と特定されたビジネス機能はすべて、従業員に訓練済みの事業継続計画を立証し、計画は毎年見直し、実施、テストされています。
  3. Coltは、グローバルネットワークを運用しており、強力で十分にテストされた事業継続計画とともに、世界各所で運用センターを運営しています。
  4. Coltでは、すべての地域の従業員にリモートワーク機能があります。
  5. Coltでは、重要なサプライチェーンと緊密に連携し、今後起こりうる影響に対処していきます。

当社では、影響の出ている国や都市、全社でWHO、CDC、および地方自治体からの助言に従っております。また、必要に応じて www.colt.net/go/Covid-19 にて、情報を更新してまいります。本件についてご質問がある場合は、当社担当営業またはサービスマネージャ―までお問い合わせください。

地域別アップデート:

イタリア

  • 最新の首相令で発表された措置に従って、Coltイタリアでは当社サイトへのアクセスを制限し、リモートワークを導入しました。従業員は、重要なビジネス要件が発生した時のみ出張(国内)を可とします。
  • 当社施設、ノード、データセンターへのご来館要求の緊急性と必要性をケースバイケースで判断させていただきます。場合によっては、ご来館の延期にご同意をお願いします。
  • ネットワーク、データセンター運用への今後の影響を管理するため、十分にテストされた事業継続計画を実施しています。出張をビジネス上の重要な理由によるもののみとするため、ネットワークエンジニアリングと新しいサービスリクエストはケースバイケースでの対応とさせていただきます。
  • Coltイタリアの施設への全ての来館者に、以下を提示、および確認するよう依頼しています。
    • 過去30日間に、当局によって特定された国、高リスク地域のいずれかに旅行していないこと
    • 高リスク国、または高リスク地域のいずれかに旅行したことがある同居者がいないこと
    • 体温が37.5度を超えている、または深刻な呼吸障害のある咳が出るなどの、インフルエンザにかかっていないこと、もしくは似た症状が発症していないこと
    • 過去30日間に、高リスク国や地域から訪問者でそのような症状があるものと接していないこと
    • COVID-19の感染者と知らずとも濃厚接触していないこと
    • COVID-19の感染者との濃厚接触について、当局から連絡を受けていないこと
  • なお、上記措置は4月3日まで、もしくは地方自治体からの更なる更新まで有効とします。

  • 日本

    全ての当社サイト来館者に対して、検温を実施しております。なお、検温結果の収集は行いません。

    その他の国

    • 中国、韓国、香港、ルーマニア、シンガポール、日本において、当社従業員の大多数が在宅勤務をしている他、Coltオフィスにおいても必要な安全対策を講じています。現在のところ、業務運用には何の影響も出ていません。
    • Coltオフィスへの来訪者には、WHOの衛生習慣を励行し、対面型のミーティングについては、その必要性について考慮するようお願いしています。
    • 過去14日間の間に高リスク地域を訪問していた人にもColtサイトへの入館を制限しています。なお、国別のガイドラインはございません。
    •  

    当社では、高リスクの国への旅行制限を実施し、すべてのColt拠点において必要な事業継続計画、および安全衛生管理措置を講じてまいります。

FAQs

ロックダウンが実施されて技術スタッフがサイトで利用できなくなった場合、どのようなリモートハンズが提供されますか。

DCSでは、引き続きリモートハンズを提供させていただきますが、お客様には優先事項を検討の上、アクションの必要な緊急案件のみリクエストをいただくようお願いしております。


データセンター(DC)にアクセスできなくなる可能性はありますか。

現時点では、当社のどのサイトでもアクセスをロックダウンしておりません。しかし、今後も各地域の政府からの助言に従い、各国ごとに異なる手順に沿って行動をしてまいります。データセンターが24時間365日運営できるよう、最善の努力をさせていただきます。


現在Colt の在宅勤務(WFH)対策はどうなっていますか?

当社はお客様の利益と当社従業員を守ることを最優先としております。現時点では、各自治体の助言に沿って、影響を受ける地域ではリモートで働くことができるすべての従業員にそうするよう指示しています。その他の地域で働く従業員に対しても、リモートでの作業や出張に関連するリクエストがある場合は、上長と相談することを勧めています。

ColtでWFHが義務付けられている拠点:

  • 大連
  • 香港
  • 韓国
  • 上海
  • シンガポール
  • イタリア
  • フランス
  • スペイン

Coltで柔軟なWFH対策をしている拠点:

  • 上記以外の地域にある拠点"

アクセスリクエスト(入館申請)方法について、何か変更を案内されていますか?

はい。当社サイトでのCOVID-19のリスクを軽減するために、当社では、全データセンターにアクセスリクエスト(入館申請)を提出しているすべての顧客、サプライヤー、およびサードパーティの代表者に、入館申請をしている個人が影響を受けた国に旅行をしていないか、また、COVID-19に関連する症状が出ていないかを確認するよう求めています。


Colt DCSでは訪問者の温度測定を開始しますか?

日本の全サイトで入館時に体温スクリーニングが実施されています。ただし、このデータは記録されておらず、今後も記録はされません。


Colt DCSでは、消毒剤、マスク、および手専用の消毒液を用意していますか?

日本の全サイトで入館時に体温スクリーニングが実施されています。ただし、このデータは記録されておらず、今後も記録はされません。手の消毒液はございます。マスクは多くのサイトで入手可能であり、現地で調達することができないサイトについては、国外からの供給を目指しています。なお、マスクは、一般の人々の予防用ではなく、あくまでもサイトで具合が悪くなった人、ウイルスを感染させる可能性がある症状のある人への応急処置としてのみ、提供をさせていただいております。


Colt DCSのオフィスが使用できなくなった際の、代替サイトはありますか?

在宅勤務(WFH)です。


現在のコロナウイルス発生につき、Coltが公式声明を発表しているかどうかを確認させてください。

はい。最新声明については、当社のウェブサイトでご覧いただけます。

ご意見をお聞かせください

お客様のご要望について、データセンター担当者との相談をご希望の場合は、フォームにご記入の上、送信してください*

下記の電話番号もしくはメールアドレスからでもお問い合わせいただけます。

*お客様の情報を送信すると、当社の利用規約に同意したことになります

ファーストネームは必須項目です。
ラストネームは必須項目です。
メールアドレスは必須項目です。
メールアドレスが無効です。
電話番号は必須項目です。
電話番号が無効です。
会社名は必須項目です。