Gartner best practices for selecting a colocation provider

プロバイダのセキュリティ基準が企業のガイドラインを満たすか、それを上回っていることを確認する

コロケーションプロバイダは、セキュリティゲート、監視、警備人員の配置など、多種多様なオンサイトのセキュリティソリューションを提供し、顧客の重要な IT 資産の安全性を24時間体制でサポートします。

I&O リーダーは、プロバイダを選ぶときに、必要とされる最小限のセキュリティコントロールを判断しなければなりません。

一般的なものには、単一あるいは複数要素認証によるアクセスコントロール、24 時間 365 日のオンサイト警備、監視カメラ、さらにマントラップやバイオメトリックのような高度なアクセスコントロールなどがあります。

荷物の受け取りと保管について、どのようなサービスが提供されているか確認することが重要です。(荷物搬入用の設備の有無や、荷物をどのくらいの期間保存してくれるのかなど)。オンラインポータルや電子メールによる通知はプロセスの簡素化に有益ですが、提供していないプロバイダがあります。
プロバイダは、顧客企業が関心を持っている規格に準拠しているかもしれません。(ISO 27001、ISO 9001、Federal Risk and Authorization Management Program(FedRAMP)など)。

Gartner Research Note

コロケーションプロバイダ選択のベストプラクティス

Gartner のコロケーションプロバイダ選択フレームワークに無料アクセス。
フォームに入力して送信するだけで、すぐにご利用いただけます。
無料のコピーを今すぐ入手してください。


推奨事項

  • コロケーション施設のセキュリティプロセスが貴社の要件を満たすか、それを上回っていること、および適切なエビデンスをタイムリに入手してコンプライアンス要件を満たすことが可能なことを確認します。
  • 万一セキュリティインシデントが発生した場合の期待事項(24 時間以内に監視カメラの確認など)を定義し、プロバイダがどのようにニーズに対処するかを確認します。
  • 定常的に発生するアクセスコントロール作業の合理化のため、オンラインポータルが使用可能かどうか尋ねます。
  • 貴社の選択基準の一部として、コンプライアンス規格が必要かどうかを見極めます。

こちらのGartner によるベストプラクティスのリサーチ(無料)に、コロケーション設備とベンダーを選択する際の 3ステップのプロセスとキーとなる検討ポイントが記載されています。

Colt DCS のコロケーションについて詳細を知りたい場合:

貴社のビジネスに最適な IT インフラストラクチャについてお話をさせてください。

  • 占用スペースによるケージ付きコロケーション
  • エンタープライズ級のコロケーションセキュリティ
  • オーダーメイドのコロケーション
  • コロケーションアーキテクチャ向けの多様な電力オプション
  • 多様なラックの設置構成

貴社の IT インフラニーズをお聞かせください >


GARTNER は、Gartner, Inc. および米国ならびに他の国におけるその関連会社の登録商標およびサービスマークであり、許可を得てここで使用しています。All rights reserved.